【WordPress】『PHPの更新を推奨』とダッシュボードに表示されている時の対処法

こんにちは、アンディです。

 

しばらくブログを放置していたところ

久しぶりにWordPressの管理画面にログインしたら

【PHPの更新を推奨】などという、何やら不穏な表示が...(^^;;

 

『PHPの更新を推奨』と表示されている時の対処法

 

WordPressのダッシュボードにこんな表示が出てきた場合の対処法

・PHPのバージョンが古いだけなので更新してやればOK

・更新はWordPressをインストールしているサーバーから行う

対処法は凄く簡単ですので、慌てなくても大丈夫です!

 

XSERVERでPHPの更新をする手順

WordPressをインストールしているレンタルサーバーにて更新が必要です。

ここでは、僕がお勧めしているXSERVERでのPHP更新手順を解説していきます。

サーバーパネルにアクセスする

まずサーバーパネルにログインしてアクセスし

中央下段にある【PHP】の下にある【PHP Ver.切替】をクリックして進みます。

 

 

更新が必要なドメインを選択

次に、更新が必要になっている(PHPの更新を推奨が表示されているサイト)対象のドメインを選択してください。

 

 

PHPバージョンを切り替える

対象のドメインを選択したら、PHPのバージョンを変更します。

 

僕は2年もブログを放置していたので、現在のバージョンがめちゃ低いですね...(^^;;

プルダウンになっているのでクリックして展開します。

数字が大きく、(推奨)と表示されているバージョンにアップしておけば大丈夫です。

 

変更を保存

最新のバージョンを選んだら忘れずに【変更】をクリックしてください。

 

画面が更新され、【PHPバージョンを「◯◯」に変更しました】の表示が出たら完了です。

 

WordPressの管理画面にアクセスして確認

完了したら、WordPressの管理画面にログインして

【PHPの更新を推奨】

の表示が消えた事を確認してください。

 

↓はい。綺麗さっぱり消えていますね!(^^)

 

WordPressにログインしたまま別タブで作業している場合など、管理画面を開きっぱなしにしていると画面上のページは反映される前の状態で表示されています。

「表示が消えてないじゃん」と思うかもしれませんが、、

ログインした画面を開いたままの場合は、一度ページを再読み込み(更新)してみてください。

ページを更新すれば、ちゃんと反映されるはずです。

 

まとめ

この記事では、WordPressの管理画面上に

【PHPの更新を推奨】

が表示されている時の対処法について解説しました。

 

これは、PHPのバージョンが更新されておらず古いままになっている時に

「更新してくださいね」という意味で表示されているものなので、変に身構えたり慌てたりする必要はありません。

 

対処法としては

・PHPのバージョンが古いだけなので更新してやればOK

・更新はWordPressをインストールしているサーバーから行う

これだけですので、5分もあれば解決できるぐらいの内容です。

 

バージョンが古いとセキュリティが脆弱であったり、プログラムの実行速度が遅かったりと

古くて良い事は何もありません。

 

面倒くさがらずにちゃんと更新して安心してWordPressでサイト運営していきましょう!

おすすめの記事